Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« ようやく春が!ドッグランで家族会! | トップページ | 前向きな人生をもらう ドッグランWanだふる »

2014年3月24日 (月)

間違った室内飼育ほど社会ルール違反!

ドッグランWanだふるを運営・管理をして満13年を迎えようとしている。 当初「犬の幸せな顔を見たい」と想うスタートだったが、今では「犬の社会性とは?必要か?」と考える毎日である。  なぜなら ペットブームと騒がれ、特に小型犬の室内飼育が異常なほど増えている。拍車をかけて 「我が子可愛さから 過保護(犬の本性・習性を知らない)飼育が目にあまる」

人の幼児期の育て方は必死になって実行していても 7歳までに根を挙げてしまい 子育てを怖がっている親が多いのと一緒で 犬の飼育も 最初から間違った接し方の飼い主が多い。   挙句の果てに 「責任のとれない飼い主。社会・他の犬に迷惑をかける犬にしてしまう犬」が多すぎる。・・・・育て方が甘すぎたと開き直り、正当化して堂々と言い訳をする。

私から言わせてもらうなら、自分の犬が一番かわいいと思う飼い主なら 「犬を思い通りにコントロールと飼い主の気持ちに常時合わせる犬」にしてもらいたいものだ。

ドッグランでの行動を観察していると 犬も飼い主も 平常の生活が手に取るようにわかる。  犬はノーリードになると野生状態にもどる事を充分に認識してもらいたい。  そして生まれ持った性格はどんなカリスマトレーナーの訓練を受けていても変わるはずがない。

ただ平和的にトラブルのないドッグラン遊びができるようにするには  1、活発で独占欲で、興奮しやすい犬は 熟年令になってから。     2、ルールとマナーを守れる飼い主。      3、犬(他人の犬も含む)に対して威厳を表現できる飼い主   

最後に 人間のものさしで「かわいそうだから」 「犬の声にすぐに反応(声・行動)しない」 「犬のしたい事はさせない・・・間をあけてさせる」が すべての生活行動に役立つ事を知ってもらいたいDsc00009

« ようやく春が!ドッグランで家族会! | トップページ | 前向きな人生をもらう ドッグランWanだふる »