Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 犬は自分の命を引き換えに飼い主に捧げる | トップページ | 飼い犬税 導入?消費税増税騒ぎの民主党みたい »

2012年6月23日 (土)

自分を犠牲にしてこそ ”愛”がある

人と人との間に”愛”が芽生えるのは ”犠牲”なしでは芽生えないと 思う!

毎日 物言わない犬の世話を ひたすら自分の時間と金銭を犠牲にしていると どんな犬でであっても ”愛情”が湧いてくる。  不思議である。

Dsc00039


生後1歳過ぎまでの 犬は 本当に苦労する。 排泄・甘え・すぐ吠える・飛びつく・無邪気で落ち着きがない。  ゆっくりする暇がない。  本当に疲れる。

そんな可愛い時期のわんこを 泊り預かりをしていたら どんどん愛着を感じ始めてきた。

今日で7日目。 ようやく 呼び戻しが出来るようになった。 でも それ以上の 都合のいい行動を覚えさせようとは していない。  1匹ずつの訓練するには よい関係づくりであるが 私流の訓練は あえてやめる。

Dsc00042


それは 飼い主との生活習慣は 飼い主と違うと思う。 その理由は 愛情のかけ方と感じ方が 明らかに違うから。!!!それを 批評する立場にないから!!!

それにしても どんなにヤンチャでチャライ奴らでも 愛情が湧いて”許してしまう”自分に驚いてしまう。 

« 犬は自分の命を引き換えに飼い主に捧げる | トップページ | 飼い犬税 導入?消費税増税騒ぎの民主党みたい »