Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« ”死”という別れに 覚悟を知る | トップページ | 犬は自分の命を引き換えに飼い主に捧げる »

2012年5月28日 (月)

多頭飼いは 楽しいが 高度なレベルと経済・環境が必要

Dsc00057


Wanだふるの会会員は 何故か多頭飼いが多い。 2匹飼いは20組余り、3匹飼いは5組、4匹飼いは2組、5匹飼いは4組(すべて一般個人飼い主)。ちなみに私はラブ、Tプードル3匹、グレートデーンの5匹を飼育しています。

確かに多頭飼いは 犬を眺めているときは 犬を好きな人にとって 楽しい時間だ!

しかし、経済的にも 環境的にも 単純に飼育できることではない。 それが許されれば 至福の空間かもしれない。Dsc00019写真はドーベルマン2匹、ミニピン3匹の家族。

但し、1匹を確実に教育する事を主とする考え方をもつ方・又は一般社会に融合する犬にすべきと考える方にとっては 許されない飼育方法かもしれない。

というのは 犬の習性として 群れ意識・縄張り意識は本能的にあり、2匹目以降を1匹目並みの躾を身につけさせるのは 相当のレベルの飼い主でないと困難と思われる。

くれぐれも 不幸な結末にならないことを願うばかりである

« ”死”という別れに 覚悟を知る | トップページ | 犬は自分の命を引き換えに飼い主に捧げる »