Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 愛犬より先に逝くことは 絶対に避けたい | トップページ | 犬と一緒に運動会他イベント ゴールデンウィークに! »

2012年3月10日 (土)

ご褒美訓練が おやつ要求に応えるだけに変身

島根県動物取扱業責任者更新研修に出席した。 今年は感染症についての他に 「家庭犬に必要なしつけについて」を もみの木動物病院 村田香織獣医師の話が興味深かった。

内容は 獣医の立場から診察や治療をしやすい犬になってもらう という根幹からの考え方にあると感じた。しかも 飼い主にとっても間違いない必要なしつけである。 そして 生後40日のペピーからの習得は 犬にとっても飼い主にとっても必須事項で同感だ!!!

ただ、 飼い始めて3か月から 飼い主の躾一貫性が崩れる事こそ 一番の重要課題だと私は考えている。 飼い主全員が一貫性を持続させる事ができたなら これこそノーベル賞ものだ。  そして、 幼犬時から 条件反射本能を利用した「ごほうび訓練」を繰り返し続けすぎることから 飼い主の錯覚(褒美依存による愛情)が身についてしまうのも 恐ろしい!!

事実として 褒美=おやつ を与える事のみを喜びとしてしまうのは 女性であり、ホームセンターで購入するのも女性である。 それも増えつつある。

その結果 家庭ではいい子であっても 散歩ほか外部では いう事を聞かない子であり続けるのは 何故か?

まだまだ 犬のしつけに関して 私の疑問は深まる一方である。

« 愛犬より先に逝くことは 絶対に避けたい | トップページ | 犬と一緒に運動会他イベント ゴールデンウィークに! »