Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« イギリスの犬飼育事情を知って 共感!! | トップページ | 口は災いの素。言わぬは進歩がない。 »

2012年1月22日 (日)

同一家族は心が通う しかし 離れる事は溝ができる・・・のが自然

ついに我が長男37歳(松江に婿養子)に人生観や考え方について意見をされ、とうとう完璧にひとり立ちしたと感じた。  一人の男としてライバル?となった。

同じように

我が家で生まれたプードルの赤ちゃんが 新しい家族の許へ行ってしまった。Dsc00035

最近特にプードル人気が高まり、多くのプードルを見かけるようになったが、 新しい飼い主を困らせないように育ってほしい。と願うばかりである。

今までに我が家から巣立っていったプードルは 計10匹になるが、 私は私の身勝手な理想の為(自分の家族が出て行ったのを 紛らわすのと 犬をだしに 親戚づきあいを増やす) 繁殖していった。

しかし 巣立った犬達は それぞれの家庭の一員になり もう我が家の母犬達とは 他人同様の関係になっていった。  それが自然の姿でありそれを喜ばなくてはいけない。

残された同一家族で のみ ”絆”を深くすると 心に言い聞かせた 1日であった。 そして それぞれの”前向きな交流会”を 今年は私が橋渡しをしようと 決意しました。Photo

« イギリスの犬飼育事情を知って 共感!! | トップページ | 口は災いの素。言わぬは進歩がない。 »