Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 私達のペットは 毎日不自由の中から 満足を見出している? | トップページ | 花見は自粛ムード?犬の花見散歩は大流行! »

2011年4月 3日 (日)

なぜ 攻撃的な犬に?なぜ 異常な臆病犬に?

Dsc00061 自転車と大型ダンプが出会いがしらで衝突した場合 双方過失があってもダンプの方が 悪くなる。

ドッグランという ノーリード状態でトラブル(咬傷)発生した場合も 大型犬が悪くなる

こんな時 ほとんどが 「うちの犬に限って咬まない!」 と思っているのが多い。しかし場合によっては 流血になる事がある。   ここで飼い主が考えねばならないことがある。

「なぜ?咬むのか」 「なぜ?こんな犬だったのか」・・・・・・?

犬の口は人間の手の代わりで 触覚を確かめる意味で 咬むことは当たり前と 考えるべきと思う。だから「うちの犬に限って咬まない!」という事はあり得ない。 

 だとしたら 「なぜ?流血にいたるまでトラブルが発展するのか」を 真剣に飼い主誰もが考えてほしい!!!そして事前回避する手段をとってほしいのが私の本音!

ケースバイケース で違うけど 「なぜ?こういうトラブルがトラブルが起きるの?」と問われたら  生後6ヶ月までの 生活環境と飼い主の犬との接し方に大きく左右されると思う。

Dsc00015 今までの私の経験では 「本当の犬の気持ち」 は分からないが

1、生まれてまもなくから 悲惨な境遇を経験した犬

2、生後4ヶ月までに 飼い主から「勘違いした愛情」を受けた犬

3、生後1年までに 群れ社会のルール(人間社会の中での犬)を 教えられなかった犬

4、人間から 恐怖と叩かれ・叱られ続けた犬etc・・・・・・は 自分を守るため・恐怖から 先手必勝方攻撃をするか  逃げ回って人間からも離れ 他の犬からも追われて 被害犬になって  これがトラウマ的癖になっていく気がする。

だとすると 我々飼い主は そうならないように 接し方をいつも意識して行動とるべきではないでしょうか!!!意識するだけで 大きく変化する事まちがいなし!!!

« 私達のペットは 毎日不自由の中から 満足を見出している? | トップページ | 花見は自粛ムード?犬の花見散歩は大流行! »