Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 自分を責めるときに 犬が傍にいるのは たまらない! | トップページ | 犬の血統書の信頼度はいかがなものか? »

2009年4月 7日 (火)

小学生の犬好きは 接し方が 激しいので!

好天に恵まれ、幼犬の ドッグランデビュー が 続く。 昨日はG.レトリーバー 今日は ヨーキー と プードル  。 ギャラリーの人間達は かわいい赤ちゃん動作に 釘付けだ。   でも 春休み 最後の日で 小学生の男女6人も 一緒に来園で おたすけマンとして 「犬の正しい接し方」を きつい表現で 指導した。

1、犬を追いかけない    2、むやみに抱っこしない   3、キーキー声・大声で騒がない   4、走り回らない  5、犬を触りたいときは 飼い主の 許可をとってから     6、犬の頭に手をださない   7、犬同士ジャレ合っている時は 近寄らない  etc

犬を玩具扱いしたいのはわかるけど 小学生の行動は 犬にとって 恐怖!  優しく・静かに近寄る事が 大切である事を 親御さんの指導を お願いしたい。

« 自分を責めるときに 犬が傍にいるのは たまらない! | トップページ | 犬の血統書の信頼度はいかがなものか? »