Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 犬の心の病気(分離不安症) | トップページ | 自分のすべてを隠さず 「さらす」事のむずかしさ! »

2008年10月 6日 (月)

犬の心の病気(恐怖による攻撃)

支配性による攻撃では 犬のしっぽを見ると垂直に立っているが  恐怖による攻撃は 耳をさげ、上目使い、しっぽを下げ、一度逃げ出す態度を示す。 距離を少しとって威嚇態度をとるけど  背を見せると 攻撃態勢をしめす。 追い詰めると必ず噛み付こうとする。  この場合は 絶対に犬の目を見ない。手を差し出さない。背を向けない(横向きがよい)  そんな犬に出会った小さな子供さんは直立不動・無言・手を胸にしまう事をお勧めします。

治療法は 精神安定剤等の薬物療法もあるけど 支配性同様 飼い主の威厳をもった、画一的態度と恐怖をまぎらす脱感作療法も効果がある。

予防は なんといっても 母犬との離別は 最低でも生後2ヶ月後。そして様々な人間に穏やかに慣らす。 衝撃音には同時におやつ等を与えるなどしながら 幼児期から経験することが大切と思う。

« 犬の心の病気(分離不安症) | トップページ | 自分のすべてを隠さず 「さらす」事のむずかしさ! »