Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 主従関係がないと問題行動を起こす? | トップページ | 犬の心の病気(支配性による攻撃) »

2008年9月27日 (土)

犬の心の病気(強迫性異常症)の対応

無理やりに押し付けることにより、異常な行動をとるようになるのは  ストレスがピークに達すると おこる心の病気だそうだ。     野生状態なら リーダーの 統率に 我を抑えるだろうが、 人間社会の中の犬は 自由と優しさ・平和の中で 強迫に耐えられなくなってしまったかもしれない。     

しかし、人間社会も 同じような気がする。 無理じい・圧力・強制には いたって 弱い。その上 自ら命を絶つ者までいる。  

私は 人も犬も すべてにおいて  我慢と辛抱強い精神・経験を 幼い頃から 時間をかけて 愛情を注ぎ、たのしい学習する事こそが 必須だと思う。

« 主従関係がないと問題行動を起こす? | トップページ | 犬の心の病気(支配性による攻撃) »