Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 愛犬を 過信したときこそ 危険!! | トップページ | BBQパーティーで会員親睦! »

2008年8月 5日 (火)

見返り無き「尽す」は 「犠牲」ではない

Dsc00018 Dsc00016 人は 「犠牲」となられた人・物に対し 感動するのが ほとんど。  でも 犬は ?  私は その感情は 無いと思う。 ただ 見返りを求めない尽し続けた行為は 必ず 理解していると思う。  「犠牲」は 結果的に 「不本意ながら」が背後に意味してるようで 少し気になる。  しかし、「尽し続ける」は 結果がどうなるか?どう評価されるか?わからないけど  信じて止まない行為で  犬にとって 感謝・感激と 伝わっている気がする。

犬のおたすけマン流 格言   「飼い主は 犬の犠牲になってはいけない! 犬へ最期まで尽しつづけてもらいたい!」

« 愛犬を 過信したときこそ 危険!! | トップページ | BBQパーティーで会員親睦! »