Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 子供の日 プレゼントに 犬とは いかがなものか? | トップページ | 犬のおたすけマン流 ドッグラン定義 »

2008年5月 8日 (木)

ドッグランにも 運営者のポリシーが いろいろ!!しかし?

Dsc00189 008 099 129 連休には犬と家族で各地のドッグラン経験されたことでしょう。   今日も体験談の報告がWanだふるの会で 話題の中心だった。  もっともドッグランWanだふるは 企業として運営をしていないので  犬同士の事や犬の本能については 厳しくないけど、 飼い主自身の 犬に対してのマナーは 独特なポリシーを表現しているかも?      それにしても、Wanだふるの会員たち(犬)は 他の ドッグランでは嫌われるかも?    犬という生き物は どんな生き物で どんな行動をするのか、 ドッグランというフリーな状態で飼い主は何を求めて行くのか、何を期待して入場するのか?   いずれにしても、人間と犬の生活関係(生活状況)が もろに表れる事は明らかだと思う。  それを、統一されたルールに閉じ込める事は困難だと思う。 犬同士の事を人間世界のルールに当てはめる事は犬にとって苦痛ではないだろうか?  だとしたら、擬人化した犬はドッグランという施設へ行くより、ショッピングセンターで遊んではいかがでしょうか?

犬は吠える動物・追いかける動物・臭いを嗅いで確かめる動物・噛んで確認する動物・群れと序列をつくる動物であり   ドッグランはその本能に目覚める野性的なスペース。  それを上手く利用するか否かは 飼い主次第!!!     

« 子供の日 プレゼントに 犬とは いかがなものか? | トップページ | 犬のおたすけマン流 ドッグラン定義 »