Wanだふるのメニュー

無料ブログはココログ

« 犬を知る・人間と犬の接し方を知るドッグラン | トップページ | 喜んで町内の世話係を受けましょう »

2008年3月22日 (土)

犬の訓練で、一つ間違ったら「驕り」気分

Dsc00008 人間の「気」が強い人、「感」 が強い人、「霊」が強い人がおられる。  それぞれ信じる、信じないは各自にお任せとして、   犬と共生活するうえにおいて、犬にこうしたいこうさせたいと思うなら、飼い主の方がその「気」を強く、もっと強くしないと犬には伝わらない。  動物の芸を教える人、訓練士、盲導犬ユーザーの方々はその「気」が本当に強い人だから、犬には伝わりやすいと思う。

逆な表現をすると  「気」の強い人は  周囲、世間、他人の押し付け、圧力に屈しない性格で、自分の行動に自信と信念を持ち、 自分を左右するものは「神、仏」と思うほど  私流の見方で「驕りそのもの」 と思う。   

「気」を強くしたい、反面 「驕り」にならない  飼い主を目指したいと思います。

« 犬を知る・人間と犬の接し方を知るドッグラン | トップページ | 喜んで町内の世話係を受けましょう »